活動報告
HOME > 活動報告 > 「照照球(てるてるボール)」300ヶ寄贈

活動報告

「照照球(てるてるボール)」300ヶ寄贈

東日本大震災で被害にあわれた岩手県大槌町で行われる下記イベントに、クボプラの自社製品である

照明補助具「照照球(てるてるボール)」を300ヶ寄贈いたしました。

当日来場された方々にプレゼントされます。

 

 

御箱崎釣具店希望への変身

来る6月8日(金)〜10日(日)を予定し、小林奈生様(東京在住)による「しっくいアート」、いっぴつ描きAKKO様(大阪在住)による「ペイントアート」にて、御箱崎釣具店の外装を変身させます。

また、上記2名によるアーティストと共に、この”希望への変身!”を潟Aーツアンドギルドの近藤豊三郎と日本里山整備支援機構の西村がサポートします。

 

6月8日(金)〜10日(日)の期間中は、町の老若男女に自由に参加して頂き、記念すべき「大槌町の希望への変身」を喚起の声と共に完成させたい所存でございます。

 

主催:希望を描く会 総合プロデュース 近藤豊三郎(連絡先:090-2338-9910)

協力:NPO法人 復興岩手大槌町

    公益財団法人 緑の地球防衛基金 ほか

 

-----------開催地----------

〒028-1131
岩手県上閉伊郡大槌町大槌16-34-8
御箱崎釣具店

 


ページ上部へ