板加工
HOME > プラスチック/板加工 > ポリカーボネート加工

ポリカーボネート加工(曲げ、溶接、接着、組立てなど)なら実績豊富なクボプラへ

ポリカーボネート加工

ポリカーボネートは、プラスチックの中でも最も耐熱性、耐衝撃性に優れているのが特長です。また、自己消化性も持ち合わせることから、火がついてしまった時でも安心です。同じ透明な素材であるアクリルなどと比較しても機能性に優れており、様々な用途でご利用いただけます。

クボプラでは、難しいとされるポリカーボネートの曲げや溶接といった加工に長年培ったノウハウを有しており、お客様のご要望にあった加工が可能です。

ポリカーボネートの特性

耐熱温度:120℃
比重:1.2
耐熱性:自己消火
耐薬品性:【耐酸性 ○】【耐アルカリ性 △】【耐溶剤性 △】
長所:耐衝撃性、電気的特性、耐熱性、耐寒性
短所:耐薬品性悪

ポリカーボネート曲げ・ポリカーボネート溶接

ポリカーボネート曲げ・ポリカードネート溶接  

他社ではあまり行わない、ポリカーボネートの曲げ加工を行っております。
全面加熱でのポリカーボネート曲げ加工、ポリカーボネートの溶接など。
ご要望に合わせた加工をいたします。
※左の写真をクリックすると拡大します。

ポリカーボネート加工の製品例

カードリーダー用正面カバー  

品目名:カードリーダー用正面カバー
素材:ポリカーボネート

※左の写真をクリックすると拡大します。

カードリーダー用正面カバー

品目名:ホッパー蓋
素材:ポリカーボネート

接着・溶接加工
マシニングセンタを使わずに製作しました。



※左の写真をクリックすると拡大します。


熱加工・曲げ加工についてはこちらから
彫刻加工についてはこちらから
撮影美術装置、撮影用セットの板加工についてはこちらから
接着・溶接加工についてはこちらから
取り扱い樹脂について

お問い合わせ

ページ上部へ