ユニレート加工
HOME > プラスチック/機械加工 > ユニレート加工

ユニレート加工なら実績豊富なクボプラへ

ユニレート加工

ユニレートは、ポリエチレンテレフタレート(PET樹脂)を主原料に、ガラス短繊維、無機フィラー等を充填複合し、押し出し成形後、加熱積層プレスを行った板材料です。
ナイロン、ポリアセタールなどの熱可塑性樹脂板に比較して、耐熱性、電気特性、強度、寸法安定性に優れます。
電気絶縁用途では熱硬化性樹脂積層板と比較して吸水性、電気特性、加工性が著しく改善されています。

ユニレートは競合材料に比べ素晴らしい性能を持っています。特に、絶縁性、低吸水性、剛性、耐熱性などの基本特性に優れます。

ユニレートの特性

耐熱温度:120℃
比重:1.63
耐熱性:自己消火(UL94HB)
耐薬品性:【耐酸性 ○】【耐アルカリ性 △】【耐溶剤性 ○】
長所:絶縁性、低吸水性、剛性、耐熱性
短所:耐アルカリ悪、耐磨耗性

ユニレート加工の製品例

ユニレート切削加工品  


紙べークからの切り替えとしてユニレートを提案。

紙ベークに比べて吸水性が低いので、ユーザーにとってメリットが多い。


※左の写真をクリックすると拡大します。

ユニレート切削加工品

 

MCナイロンでは寸法安定性が悪いという事で、ユニレートを提案。

ユニレートの特性と、精密加工による高品質な製品を提供する事によって、ユーザー様にご満足いただけました。


※左の写真をクリックすると拡大します。

ユニレートの物性

メーカー(ユニチカ│ユニレート)ページをご参照下さい。


フライス加工についてはこちらから
旋盤加工についてはこちらから
スーパーエンプラ加工についてはこちらから
取り扱い樹脂について

お問い合わせ

ページ上部へ