プラスチック加工の中で、直方体に近いものはフライス加工で対応します。
クボプラが誇る熟練の技術で、複雑な形状の部品や難切削、難材料でも精密な加工が可能です。
また、マシニングセンターにより高精度が求められる部品等の加工も行っています。

クボプラのプラスチック加工/フライス加工の製作例

ABSのフライス加工

切削性に優れていますが油断は禁物

アクリルのフライス加工

割れや欠けに細心の注意を。透明度出せます!
Size W65×H40×D69mm

MCナイロンのフライス加工

刃物の選択がスピード・仕上がりに影響
Size W35×H44×D110mm

PEEKのフライス加工

反り返りに注意する必要があります
Size W19×H22×D56mm

ポリアセタール(POM)のフライス加工

別名ジュラコン。切削性に優れている素材です
Size W44×H26×D57mm(突起物を含む)

超高分子量ポリエチレンのフライス加工

温度変化を防ぐため、冷却に工夫をしています
Size
(右)W29×H20×D63mm
(左)W36×H20×D100mm

ポリプロピレン(PP)のフライス加工

長年の経験に基づいて、最適な刃物で加工
Size W30×H44×D48mm(突起物を含む)

塩化ビニル(塩ビ)のフライス加工

精度を保つためには、切粉除去が大事です
Size W74×H26×D40mm(フライス加工後、接着加工)

テフロンのフライス加工

温度変化とクランプ(固定方法)に注意
Size W91×H39×D44mm