プラスチックの熱加工・曲げ加工は、加工後の形をイメージして、最適な板取りをする必要があります。
クボプラには、そのノウハウがあります。
ポリカーボネートの曲げ加工にも対応しております。詳しくはお問い合わせ下さい。

クボプラのプラスチック加工/熱加工・曲げ加工

対応素材について「熱加工・曲げ加工」……アクリル、塩ビ、ポリカーボネート、PET

上記以外の素材については、ご相談ください

曲げ加工で、既製品にはないサイズのパイプも製造可能(ただし、継ぎ目は残ります)。

扇状の形状でも曲げ加工で製作可能です。

ポリカーボネート曲げ・ポリカーボネート溶接

他社ではあまり行わない、ポリカーボネートの曲げ加工を行っております。
全面加熱でのポリカーボネート曲げ加工、ポリカーボネートの溶接など。
ご要望に合わせた加工をいたします。

電気炉(熱風循環式装置)

部分的な熱加工では出来ない大きなR曲げ加工等を板材の全面加熱によって加工するのが電気炉です。
デジタル制御された熱風が炉の中を循環して板材が加熱される構造です。

設定温度が40℃^~300℃で最大2100×1100(寸法)までの板材が使用出来ます。
材質によって加熱温度や加熱時間はもちろん異なります。
クボプラのノウハウに基づき設定しています。

炉で全面加熱され軟化した板材は、主に木型を利用し形成されます。
加熱され軟化した板材は、炉から出せば時間経過により硬化していきます。

板材が薄ければ薄いほど硬化時間が早いので素早い作業が求められます。
デジタル加工が主流の時代ですが、アナログ的な加工も欠かせません。

非接触両面加熱サンドイッチヒーター

クボプラではアクリルやポリカーボネートの曲げ加工に対応しております。
R50以下の製品の場合はサンドイッチヒーターにて加工いたします。
その他にも、あらゆる製品に対応する為に、独自開発の大型加熱器にて加工する場合もあります。

PVC曲げ、組立加工

危険な作業をする際に作業台に設置し身を守るカバー。
組立作業は数人がかりで行います。